調布・つつじヶ丘・柴崎:横山歯科医院小児歯科・インプラント・ホワイトニング

調布・つつじヶ丘・柴崎:横山歯科医院 小児歯科・インプラント・ホワイトニング

入れ歯

「床(しょう)」と呼ばれる土台の上に人工歯を並べ、床に取り付けたバネで支えとする歯(維持歯といいます)に固定する方式です。維持歯がパーシャルデンチャー全体を支える構造なので、維持歯への負担は大きく、虫歯や歯周病にかかるリスクも高まります。それ以上義歯を大きくしないためにも、定期的なチェックを受けて維持歯の健康を守りましょう。 こうした欠点を補うために、最近ではバネ部分の工夫やバネ以外で固定する技法などが開発されています。

入れ歯:金属床

金属床

金属床は入れ歯の主要な部分を金属で作った入れ歯のことをいいます。レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、しっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、食事を快適に楽しむことが出来ます。

入れ歯:金属床 入れ歯:金属床

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので、見た目が良く、義歯床の厚さを薄く出来るので違和感が少なく、金属アレルギーの方にも最適です。

入れ歯:ノンクラスプデンチャー 入れ歯:ノンクラスプデンチャー

アタッチメント(磁性)

磁性アタッチメントは、磁石の引き合う力によって入れ歯を安定させようという、一般の方にも分かっていただきやすい構造です。

下の図のように、磁石そのものは、取り外しのできる入れ歯の方に固定し、お口の中の歯根には、キーパーという、磁石によく反応する金属を固定します。

入れ歯:アタッチメント(磁性)

Information
歯科一般
予防歯科
小児歯科
インプラント
入れ歯
審美歯科
ホワイトニング

横山歯科医院
〒182-0014
調布市柴崎2-37-18
TEL(042)483-9910

  • 予約お問い合わせ
  • 無料カウンセリング
  • 求人募集はこちら
このサイトは、下記ブラウザのご使用を推奨しています。

Page Top

トップ | 横山歯科医院案内 | 歯科一般 | 予防歯科 | 小児歯科 | インプラント | 入れ歯 | 審美歯科 | ホワイトニング 
診療予約 | 無料カウンセリング | スタッフ紹介 | アクセス | 診療時間 | 費用 | サイトマップ

Copyright © 2009 Yokoyama Dental Clinic. All rights reserved.
文字サイズ変更
A
A
A